競馬予想・結果

オークス(2019)本命は、クロノジェネシス

2019年5月19日(日)に、東京競馬場の芝・2400mで行われる「優駿牝馬(オークス)」の予想です。

3歳牝馬にとっては未知の距離となる一戦。おもしろそうな馬がたくさんいるだけに、印を4つに絞るのは非常に難しいですが、じっくり考えていきましょう!

予想の参考にしたデータ

オークスを予想するにあたっては、いくつかのデータを取り入れました。

  • 3着内に入る馬の多くが、桜花賞>フローラS>忘れな草賞を経験。
  • 前走・前々走での上がりが3位以内。
  • 内枠と外枠の馬が優勢か。真ん中はそれだけ折り合いが求められる。

もちろん、レースはデータだけで攻略することができません。

それでも、「ステップレース」や「上がり3ハロンの速さ」、「枠の有利・不利」などは確認しておきたいですね。

本命は、◎クロノジェネシス

コールミージェイが本命に選んだ馬は、クロノジェネシスです。

鞍上は、北村友一騎手。新馬戦のときから乗っており、だれよりもこの馬のことを知っているというのは安心材料ですね。

関西馬で輸送がありながらも、東京の「アイビーS」と「クイーンカップ」で優勝しています。

前走の桜花賞では、窮屈な展開ながらも上がり2位の末脚で3位。グランアレグリアに0.4差まで詰め寄りました。

3~4コーナーの柵沿いが荒れてきた東京競馬場で、どのような位置を通っていくのか。注目したいと思います。

対抗は、〇ラヴズオンリーユー

対抗は、ラヴズオンリーユーです。

あまりスタートは器用ではないようですが、前走の「忘れな草賞」では、最速の上がりで1着。2着との差が0.5と突き放しました。

オークスが初めの東京、そして初めての多頭数となります。そういう意味では、外目の枠を引けてよかったのではないかと思います。

まだまだ見えぬ底力…。広く長い東京の直線で、その末脚を爆発させてほしいです。

単穴は、▲シャドウディーヴァ

単穴は、シャドウディーヴァとしました。

が、もうここからは難解です(汗)

前走のフローラSでは、直線で伸びて1着のウィクトーリアにハナ差。

今回も追い切りの内容がよく、馬体も胴長で長距離適正もありそうということで選びました。

抑えは、△エールヴォア

抑えは、エールヴォアです。

選んだ理由は、シャドウディーヴァと同じく、「長距離向けの馬体」ということです!

僕にはまだ見極められないのですが、馬体にお詳しい方がそのように判断されていたのを見て「なるほど!」と…。勉強になります!

たしかに、これまでの成績を見ても、長めの距離のほうが結果を出せています。2400mという未知の距離にも対応してくれるはず。

印と買い目

それでは、コールミージェイのオークス予想印を整理します。

◎クロノジェネシス
〇ラヴズオンリーユー
▲シャドウディーヴァ
△エールヴォア

買い目:
単複◎、ワイド◎-〇▲△、3連複◎-〇-▲
(6点×100円=600円)

当日に印と買い目を変更する可能性はありますが、前日予想の段階ではこれが一番しっくりときています。

できればパドックも見られるといいなあ、と思います。